Menu

Business and Biodiversity: ワークショップ

ワークショップ

参加企業の学びの場として

参加企業の代表者が集まり、年に2〜3回ワークショップが開かれます。そのほどんどが2日間の日程で行われ、参加企業が順番に会場となり、その企業をより詳しく知るすばらしい機会となっています。参加企業が実践事例を基に現在行っている取組みの問題点や挑戦しているポイントについて発表しながら議論・情報共有を行ったり、ゲストスピーカーを招いて様々なテーマについて話し合うなど、参加企業が生物多様性について学べるプラットフォームとなっています。また、ワークショップの議論を通じて共同プロジェクトを立ち上げたり、その後の経過報告を踏まえてさらなる発展にも取組んでいます。
これと平行して、年次総会も年に一度を行っています。また、日本の企業とは、ビデオ会議にて、国際的・欧州・ドイツ、日本・アジアの動向や日本企業の取組みについて情報の共有、各テーマについての議論を定期的に行っています。

このページの先頭に戻る