Menu

Frosch: Initiative europäische Tenside soll auch Schutz der Biodiversität dienen

ニュース

フロッシュ製品:生物多様性に貢献貢献できるヨーロッパ産植物から界面活性剤の生産を目指して

ワーナー&メルツ社は、パーム油の代替製品開発のためヨーロッパ産植物から界面活性を研究しています。

ワーナー&メルツ社はグリーンケア製品である「フロッシュ」を用いることで、石油化学製品の界面活性剤、さらにはパーム油やココナッツオイルの使用も避けることができます。持続可能なパーム油のための円卓会議(Roundtable on Sustainable Palm Oil  - RSPO)の加盟企業は、熱帯産植物性オイルを使用による環境や社会に対するさまざまな危険性を認識して、それゆえ、ワーナー&メルツ社の商品開発チームは、ヨーロッパ産植物で作る界面活性剤の生産に向けて研究を続けています。

ヨーロッパで収穫された植物から作る界面活性剤には以下のような利点があります。

  • 熱帯地域の耕作地利用を減らすことができ、熱帯雨林破壊や食糧生産の競争など関連するリスクの削減
  • 単一栽培からの脱却
  • 輸送ルートの短縮
  • ヨーロッパ産植物オイルを基本とする再生可能な原材料の利用
  • 伝統的作物収穫の促進
  • 熱帯の収穫物から製造される界面活性剤への依存からの脱却
  • 生物多様性の保全とその促進


さらに詳しい記事は英語版ドイツ語版をご覧下さい。

ワーナー&メルツ社の関連情報はこちらをご覧下さい。

このページの先頭に戻る